こっそりメディア論

メディア、マスコミ業界について、「ビジネス」「キャリア」「アカデミック」の3つの視点から考えます

トリプルメディアマーケティングとは?成功の秘訣と事例を紹介

トリプルメディアマーケティングというマーケティング手法をご存知でしょうか。なんとなく聞いたことがあるけど、正直今更聞けないよ…という方のために、今回はトリプルメディアマーケティングの定義と成功の秘訣、そして事例を紹介していきます。

トリプルメディアマーケティングとは?

f:id:mrkmkn0422:20180325003526j:plain

トリプルメディアマーケティングは、2009年に日本アドバタイザーズ協会web広告研究会が提唱した、「オウンドメディア」(owned media)「アーンドメディア」(earned media)「ペイドメディア」(paid media)、この3つを効果的に活用するフレームワークのこと。これらのメディアはそれぞれ独立しており、異なる役割を持っています。

オウンドメディア=既存顧客とのコミュニケーション

オウンドメディアは企業自らが管理し、運用するメディア(webやメールマガジンが多い)。既存顧客とのコミュニケーションやエンゲージメントの向上に向いています。掲載するためのコンテンツなどは自社で制作することが多いため、コントロールし易いのが特徴です。

アーンドメディア=顧客視点での情報拡散に最適

アーンドメディアは、ブログやSNSを活用して、ユーザーからの信頼や評判を得るためのメディアです。低コストを施策を実行できるため、ハードルは低いといえるでしょう。ただ、注意すべきは最終的な目的と計測体制の構築がしっかりできていないと、無駄に終わってしまうため要注意です。

ペイドメディア=新規顧客へのアプローチ

ペイド広告はその名の通り、広告費を支払って配信するタイプの広告で、マス広告やリスティング、SNS広告が含まれます。ペイド広告は、新規や潜在的な顧客にリーチするのに向いており、最も即効性があり効果的です。

しかし、資金がかかる分ハードルが高いのと、初期の設計がしっかりできていないと無駄なコストを投入することになりかねないので注意が必要です。

 

トリプルメディアマーケティングを成功させるコツとは?

では、トリプルメディアマーケティングを成功させるためには、どういったコツを押さえておけばいいのでしょうか。最も重要なのは、3つを連携させた施策設計を最初の段階で設計することです。

また、どれかひとつ単独で運用したとしても意味がありません。オウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアの3つは、合わせて活用してこそ効果を発揮します。

トリプルメディアマーケティングの成功事例

(参考:10 ways technology will change travel by 2020 - Matador Network)

ここでは、トリプルメディアマーケティングの成功事例を紹介します。 世界的に有名なIT企業インテルは、ペイドメディア、オウンドメディア、アーンドメディアの3つを連携させて、施策を成功に導きました。

インテル社はまず、ソーシャルメディアで多くのフォロワーを持つインフルエンサーに、インテルのオウンドメディア上でのコンテンツ制作を依頼。それと合わせて、オウンドメディア上のコンテンツは、ブランドメッセージや製品に合わせたものを発信し、ペイドメディアに寄稿したコンテンツも、インフルエンサーであるコンテンツ制作者のソーシャルネットワークで拡散しました。更にソーシャルメディアやペイドメディアからの誘導は、ブランドのオウンドメディア(ブログ)やソーシャルメディアFacebookTwitterYouTubeなど)に直接集約することで、3者を効果的に活用することに成功したのです。

参考:[Report] The Converged Media Imperative: How Brands Must Combine Paid, Owned & Earned Media, by Rebecca Lieb and Jeremiah Owyang